うっかり女医ゆきの(裏)精神科日記 Top >  うっかり日記編集後記 >  6.5号 自己紹介

『最速短期合格に導く資格試験7つの勉強法』
資格試験合格に悩んでいますか

6.5号 自己紹介

ワタクシ うっかり家のゆき。

1才と3才の父っちゃんボーイズを育てています。
ただ今フルタイムは勘弁してもらっておりまして、時々パートで診療に出ています。

この育児の合間に
そうだ!インターネットでできることをやってみよう!
などと思い立ったのですね・・・・

いきさつなど(幻の準備号)はブログに載せてあります。
ご興味のある方はどうぞご覧下さい。

http://www.ukkariyuki.com/yougo/2006/01/post_6.html

私の頃は、大学を卒業したらすぐ医局に入局する人が多かったです。
今は一昔前のインターン制度のようなことになっていますが。


小児科と、精神科と迷っていた私が
精神科を選んだ決め手は


教授にごちそうになったバーボンが美味しかったから


ではなく。

精神科の方がやりたいことに合っていそうだったから。

「精神科を受診するまでもないけれど
ちょっと具合が悪い人が楽になるお手伝いがしたい」

というのが私の野望です(笑)

実はこのメルマガもその野望の一環。


将来的には、具合が悪くなくても、気楽にお話に来られるような場所を
造っていきたいなあ〜

と野望は広がっています。


そのためには、時間とお金を確保しなければなりません。

今、子育てをしながらいかに動くべきか模索中です。
いろいろとインターネットでの取り組みも始めていますので
その都度ご報告させていただけるかもしれません。


さて。

入局後、病棟スタッフと合同で入局歓迎会がありました。

当時、私を含め新入医局員は6人。

それぞれ自己紹介となります。


実は私は学生時代、かなりのバイトをこなしておりました。

家庭教師が最多時で週に10時間とか、朝中学校の体育館で体操着売ったり。
風船くじ、イベントの風船配り、着ぐるみなどイベント系は一通り。
競馬の窓口で馬券売ったり、お金数えたり
会場設営からなにからいろいろとやらせてもらいましたね〜


楽しかったです。


自己紹介でアピールできることといったら
バイト歴か??と思った私は、自己紹介でその話をしました。


まあまあウケたし(医学生でこんなバイトしている人はあまりいないでしょう)
よかったなあ〜と安心したところ。


「おい!うっかり!ちょっとこっちへ来い!!」


大きな声の体格のいい先生(体育会系)に呼ばれました・・・!

ええっ!
なんかまずかったか・・・?
バイトは合法だし、なんだなんだ??

それから何を言われたか。

「働くだけが、人生じゃないぞ!!!」

・・・・・肩に手をポンッ(涙)

編集後記♪

最後までお読み下さってありがとうございました。
貴重なお時間をいただきまして
心より感謝申し上げます。


ところで、何故うっかり家なのか?

実は私は強烈なうっかり者です。

でも、仕事の時は120%でやっているので
仕事でミスをすることはほとんどありませんからね〜
(その分普段が60%弱)

患者さんにご迷惑をかけたことはないと思いマス。
自分がひどい目にあったことは・・・

これはまた、別のお話。

06.02.03 | 6.5号 自己紹介 | うっかり日記編集後記 | CO (0) | TB (0)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.ukkariyuki.com/mt/mt-tb.cgi/705

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

うっかり女医ゆきの(裏)精神科日記 Top >  うっかり日記編集後記 > 6.5号 自己紹介