うっかり女医ゆきの(裏)精神科日記 Top >  支える手に力を

『最速短期合格に導く資格試験7つの勉強法』
資格試験合格に悩んでいますか

支える手に力を

お子さんたちの英語耳を守ってあげませんか? 〜フラムキッズ

お子さんたちの英語耳を守ってあげませんか?


私の敬愛する塾長さんである 成瀬さんが
英語教材のあまりの値段の高さに悩まれて・・・

ご自分で作ってしまった教材CDです!


これ。
あんまり知られていませんが
素晴らしいものなんですよ。


英語耳、と言う言葉をご存じですか?
日本語と英語は使われている周波数が大きく違います。
日本語は狭い範囲の周波数だけ使われている言語なんです。

つまり周波数が合わないために
日本人は英語が正しく聞き取れない、ということになります。

だから日本人は英語が苦手なんですね・・・


でも、赤ちゃんの頃は柔軟な耳を持ってます。

10歳以下なら、これを聞くだけで
英語も聞き取れる耳を保つことができるのです。


しかも、英語だけでなく5カ国語。

10カ国語が学べちゃうセットもあります。


耳だけ保っていれば 
大きくなってから本格的に外国語を学び出すときに
非常に有利です。


フラムキッズの詳しい説明はこちら

06.03.19 | お子さんたちの英語耳を守ってあげませんか? 〜フラムキッズ | 支える手に力を | CO (0) | TB (0)

子どもへのまなざし

「子どもへのまなざし」

佐々木正美 著
福音館書店 出版


著名な児童精神科医である佐々木先生のご本。

全ての親御さんに向けたメッセージです。

非常に分かりやすく、とても大事な子育てについてのお話。


児童精神医学を専攻していなくても、いないからこそ読んでおくべき。

06.03.01 | 子どもへのまなざし | 支える手に力を | CO (0) | TB (0)

全てのこどもたちに手渡したい  ほるぷこども図書館

できるだけ多くの親御さんに
手にとって欲しいものがあります。

「ほるぷのこども図書館」というものです。

いわゆる、家庭文庫。


子どもの本についての研究家・読書運動の実践家として
永年の経験をもつ先生方が
研究成果のすべてを投入し
年間3000点余出版されている児童書の中から厳選されています。

子どもの心の成長・発達に大切な役割を果たす内容の本が
段階ごとに収められています。


私はこの、ほるぷの絵本を読んで育ちました。

精神科医になるための基礎を
思い返せば
きっとここから得たのだと考えています。

ほるぷの存在を
しばらく、私は忘れていました。

ところが、また色々な出会いを経て
友・斗ぴあさんに巡り会いました。

久しぶりに出会った
その本たちのタイトルをみるだけで
泣けてきました。


そして、今度は私の子供たちのために
ほるぷを導入することができました。

そのことが、とても幸せです。

友・斗ぴあさんとは
ほるぷを扱っており
こどもの心の発達と読書の深い関わりを学ぶ会です。

ほるぷを扱うお店は全国に20カ所ほどありますが
導入に当たってのカウンセリングや
公開絵本講座や会員同士の交流といった
アフターフォローも含めた活動まで行っていらっしゃるのは
こちらだけです。


友・斗ぴあさんでは
豊富な経験をもつ読書アドバイザーの方が
本の選び方から読み方、育児の相談まで
適切なアドバイスをしてくださいます。

絵本の読み聞かせにご興味がある方、ない方も
お子さんに何か一つだけ与えるとしたら
ぜひ、ほるぷを選んでみてください。


人を思いやる心をぜひ子供たちへ伝えたい。


少しでも、多くの方に届くことを願って。


幼育読書ネットワーク 友・斗ぴあ

06.02.06 | 全てのこどもたちに手渡したい  ほるぷこども図書館 | 支える手に力を | CO (0) | TB (0)